■祝・太陽光発電所竣工

先日、弊社が施工した西海市の喰場発電所と鳥加発電所の竣工式が、オーナーであるテクノ興和様によって執り行われました。

 

  

 

←晴天のもと行われた竣工式の様子(暑かった!!)

 

 

ドローンで撮影された喰場発電所(左)と鳥加発電所(右)↓

 

 

(続きを読む、をクリックしてお読みください) 

 

 

竣工記念に頂戴したのが、菊一文字の包丁。

「縁を切る」などの意味からお祝いではタブーとされていると思っていましたが、きちんと説明書きが添えられていました。

 

『昔は鍛冶職人が天皇に日本刀を献上するなどの歴史もあり、

刃物は神聖な贈り物として位置づけられております。

 

~包丁に込めた思い~

一、お世話になった皆様方の前途を祈念して 「不幸を絶ち、未来を切り開く」

二、太陽光発電所の未来を祝して 「雨雲を切り裂き、晴天を呼びこむ」・・・』

 

 

なるほど!

 

二つ目は特に太陽光発電所だからこそでしょうし、込められた意味を知るとさらに思いが伝わってくるものです。 

この「菊一文字」の包丁、本当に良く切れて大満足。

某TVショッピングみたいに、まずはトマトを取り出して切ってみました(笑)

力を入れずにスーッと刃が入っていく感じ!

思わず、何でも薄く薄くスライスしてしまいます。

 

思いのこもったおもてなしとステキな記念品、ありがとうございました。

オーナー様、施主様の期待に添えますようこれからも精進して参ります!