本文へ移動

タケダのつぶやき

てんとう虫の怖い話

2021-08-11
タケつぶファンの皆さま、 お久しぶりです。 
はじめましてのお客さま、こんにちは。 
毎日、灼熱地獄の炎天下で仕事を進めてくださっている現場作業員さん、ありがとうございます。

さて、 今日は「幸せを運ぶ」といわれ、赤と黒の組み合わせや小さくて丸いフォルムが
昔からお気に入りな「テントウムシ」のお話です。
あのカマキリ先生も昆虫界のアイドル!?と紹介したテントウムシ。
刺繍したり、ストラップやグッズなどにテントウムシがあれば選びがち。 

先に申しておきますが、昆虫が苦手な方は、このカワイイ写真だけ遠目に眺めた後、そっとページ遷移してください。
ある日、玄関先で見つけた黒い「テントウムシ」
その前日にも見かけていたので、
わぁこれは幸せを運んでくれると喜び
近寄ると----------


ん?

何かを抱いている?

産卵中? 食事中? でも何かを抱いてじっとしてるなぁ。


もう一度。
昆虫が苦手な方は、ここで、そっとページ遷移してください。







いいですか?
ね、何かを抱きかかえているでしょう。


近づいても動かないので、気になってGoogle先生に聞いてみました。

すると-----------------


昆虫界のホラーストーリーです。
どうやら、テントウハラボソコマユバチという寄生バチがいるらしく、
その名の通り、テントウムシの腹に卵を産み付け寄生するのだとか。
幼虫は、テントウムシの体の中を食べて、テントウムシと同じくらいまで成長し、体外に出てきます。

そして繭を作ってサナギになります。
そのサナギを腹の下に抱きかかえて守っているのが、体の中を食べられてなお生きているテントウムシ。
ハチが成虫になるまで、このままほとんど動かず守り続ける-----------



お気に入りだったテントウムシが、ちょっと怖くなった2021夏。


※実は、成虫になったハチがどうするか続きがありますので
興味のある方は、どうぞご自分で調べてみてください。
株式会社タケダ
〒852-8023
長崎市若草町3-23
TEL.095-844-6014
FAX.095-847-2305
 
  • 特定建設業 長崎県知事認可(特-29)第4572号
    許可を受けた建設業
     土木一式工事業
     建築一式工事業
     大工工事業
     左官工事業
     とび・土工工事業
     塗装工事業
     防水工事業
     水道施設工事業
     解体工事業
  • 一級建築士事務所 長崎県知事登録(19)-10614
  • 宅地建物取引業 長崎県知事(3)第3734号 《仲介》
     

-*-
TOPへ戻る